みずこし動物病院

homeみずこし動物病院blog | お知らせと院長日記(不定期更新)

2024年06月08日(土)

熱中症に気を付けて [病気に関するお話]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

これから暑い季節がやってきます。
ワンちゃんは人間より背丈が低いのでアスファルトの熱をもろに受けます。晴天時のアスファルトは私たちの予想以上に高温となります。
 
日中の散歩は避けていただいた方が無難です。熱中症は命にかかわります。

くれぐれも熱中症にご注意ください。

Posted at 18時10分

2022年04月10日(日)

熱中症にご注意ください [病気に関するお話]

ここ数日夏日が続きましたね。
こんな日は熱中症注意です。

真夏よりもむしろ4月からゴールデンウィークあたりで急に気温が上がるときの方が熱中症になりやすいです。

急激な気温の上昇に対して、ワンちゃんの体まだ対応することが出来ません。具体的には
「呼吸が速くなってハアハアゼイゼイいう」「目が血走る」
というのが熱中症の始まりです。

保冷材などで喉元を冷やして、扇風機などで体を冷やしてください。

特に短頭種のワンちゃんのオーナー様はご注意を。
暑い日に呼吸するときに「ガー、ガー」とアヒルの鳴くような音がしたらそれは喉が腫れて呼吸困難になりかけています。喉を冷やしながら動物病院を受診していただく事をおすすめします。

Posted at 16時01分

2022年03月14日(月)

マダニの予防をお勧めします「SFTSに関連して」 [病気に関するお話]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

SFTSという病気をご存知でしょうか?
「重症熱性血小板減少症症候群」という長ったらしい病名ですが、マダニが吸血するときにウイルスの感染がおこります。

人間が感染した時の致死率は10〜30%と言われています。主な症状は発熱、全身倦怠感、血小板減少、白血球減少、リンパ節腫脹などです。人間ばかりでなく、犬や猫もマダニに刺されると感染することがあります。非常に稀なケースですが、SFTSに感染した犬や猫から人間に感染したケースもあるようです。今のところ人から人の感染は報告されていません。愛知県でも去年初めてSFTSの感染が報告されました。

これからの季節は野外でマダニの活動が活発になります。飼主様ご自身がマダニに刺されないように注意していただくのは勿論のことですが、ワンちゃん、猫ちゃんのマダニの予防もお勧めいたします。人のSFTSに関しては厚生労働省や国立感染症研究所のHPをご参考にしていければよろしいかと思います。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html(厚生労働省)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html(国立感染症研究所)

Posted at 16時48分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

院長ブログ

6

2024


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

簾(すだれ)

簾(すだれ)

たまには私も患者です

たまには私も患者です

地域貢献

地域貢献

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog

Mizukoshi Animal hospital All Rights Reserved.