みずこし動物病院

homeみずこし動物病院blog | お知らせと院長日記(不定期更新)

2010年05月03日(月)

狂犬病予防注射を考えるパート2 [病気に関するお話]

狂犬病予防注射の話題の続きです。

少し古い資料ですが、世界での狂犬病の発生状況です。以下のアドレスにアクセスしてみてくださいhttp://nichiju.lin.gr.jp/ekigaku/keneki/kyouken.htm

狂犬病の発生国=狂犬病による死亡者がいる国ということになります。

ほとんどの地域で狂犬病による犠牲者が出ているのがお分かりいただけると思います。

狂犬病はほとんどすべての哺乳類が感染します。
犬ではウイルスの感染を受けると潜伏期、前駆期、興奮期、麻痺期に分けられます。
興奮期:痙攣が起こり死亡
麻痺期:痙攣期に生存した個体もやがて全身麻痺で死亡

ヒトではウイルスの感染を受けると、潜伏期、前駆期、急性神経症状期、昏睡期と続きます。発症した場合は100%死亡します。
繰り返しになりますが、潜伏期(症状が出てないうち)に適切な治療を受ければ、ほとんどの例で回復しますが、100%助かるわけではありません。治療を受けても死亡することもあります。
 症状が出てからあわてて医療機関に駆け込んでも、もはや手遅れであり死を待つしかありません。

 私たちが仕事や旅行で狂犬病の常在国へ訪問する場合、それなりの準備が必要です。
具体的には、
1.渡航前に狂犬病ウイルスに対する基礎免疫をつける。日本式とWHO式がありますが、日本方式では0日、30日、210日の3回、人用組織培養狂犬病ワクチンを接種します。これを狂犬病暴露前免疫といいます。
その後、現地の犬や野生動物に咬まれなければ問題ありません。

もし、現地の犬や野生動物に咬まれてしまったら狂犬病暴露後発症予防を行う必要があります。
 狂犬病感染疑いの動物に咬まれた場合、まず傷口を流水と石鹸で徹底的に洗浄します。そのあと消毒用アルコール(絶句するほどしみます)かポピドンヨード液(こっちのほうがしみません)で消毒します。ただちに現地の病院へ行き動物に咬まれたことを申告してください。
2.狂犬病暴露後発病予防(タイ赤十字法とエッセン法があります):傷口に抗狂犬病免疫グロブリンを注射します。免疫グロブリン製剤は狂犬病ウイルスと直接結合してウイルスを失活させます。同時に狂犬病ワクチンを接種します(0日)。その後3,7,14,30,90日の合計6回狂犬病ワクチンを接種します。

人間の場合、犬と比べて発症するまでの期間が長いため、咬まれてすぐ免疫グロブリンで可能な限り狂犬病ウイルスの活性をさげ、その後はワクチン接種によって被害者本人の免疫力を高め、狂犬病を発症させないというやり方です。

狂犬病常在地では加害者の動物(咬んだ動物)の対処法は以下のようになっているようです。
1.飼い主がわかっていて、動物が健康であり、狂犬病予防注射をしている場合:動物を拘束(繋留)して様子を見るだけでよい。
2.飼い主がわかっていても狂犬病予防接種をしていない場合:動物をただちに安楽死させて病理解剖し、狂犬病でないか調べる。
3.飼い主がいない場合:ただちに捕獲し安楽死、病理解剖を行う


つまり、狂犬病が存在している国では、狂犬病予防接種をしてない犬は、飼い主の有無、飼い主の好む好まざるにかかわらず、殺処分されて病理検査にまわされてしまうようです。


日本で万が一、犬の咬傷からヒトが狂犬病で死亡する事件が起こり、その犬が狂犬病注射未接種だった場合、果たして事件の当事者同士で話が済むのでしょうか?

日本の国民性を考えると、狂犬病予防接種をきちんと受けている犬ばかりでなく、犬の飼い主まで悪者扱いされるような気がします。すべての犬=狂犬病をばらまく悪い奴という風評となり、安易な飼い犬の投棄や殺処分の増加につながりはしないかと非常に危惧しています。

以上のことを考える(日本人の国民性、清浄国を保つ)と、現在の犬の狂犬病ワクチン接種の義務は必要と思います。
 繰り返しになりますが、日本国内に狂犬病が侵入してから対処していては駄目なのです。重要なのは、今現在の狂犬病清浄国を維持していくことが非常に大切なのです。


ただし、ワクチン自体が問題となるケースもあるので次回はそのあたりに触れてみます。

ちなみに、今回の情報源は
高山 直秀著 ヒトの狂犬病 忘れられた死の病 時空出版 

から引用させてもらっています。











Posted at 09時45分

2010年05月02日(日)

狂犬病予防注射を考えるパート1 [病気に関するお話]

 ここ最近、狂犬病予防注射不要論を唱える輩が出てきています。
 中には「狂犬病予防注射は獣医師の既得権益を守るためだけに延々と続けられている。狂犬病予防注射が無くなると定期収入がなくなって困る獣医師がいるので、無意味な注射をずっと続けているのだ」と公言している人(マスコミも含める)もいます。

果たして本当にそうでしょうか? 

 仮に狂犬病予防注射から得る収入が無くなったとしても、予防注射の安さだけを売り物にしたワクチンメインの薄利多売の動物病院以外の動物病院はさほど影響を受けることはありません。
 狂犬病予防注射イコール獣医師の既得権益と考えている人たちは、一体どれだけ狂犬病予防注射で儲かると思っているのでしょうか?

 私には「狂犬病予防注射はいらない!!」と言っている輩が非常に無責任に思えます。
この輩たちは、過去に日本がどのようにして狂犬病を駆逐して、いまのような狂犬病の無い清浄国にしてきたか、また、狂犬病がどんなに恐ろしい病気か理解したうえで発言しているのでしょうか?

 新型インフルエンザの件は皆様の記憶に新しい事とおもいます。一度国内に病原ウイルスが入り込むとあっという間に蔓延し、常在化してしまうことは明らかです。その後、国内から完全に病原ウイルスがなくなるのは非常に困難です。

 狂犬病もまた然りで、万が一にも国内にウイルスが入ってきた場合、再び清浄国にするには非常に困難です。身近なところでは韓国が例に挙げられます。かつては韓国は狂犬病清浄国でしたが、いったん狂犬病の侵入を許してしまったため、現在では散発的ですが狂犬病による死者が出ています。同様なことが日本で起こったとすると日本国内がパニックに陥ってしまうことは想像にかたくありません。犬=狂犬病という発想になり、愛犬家は疎ましがられるようになるでしょう。

 こないだまで、狂犬病予防注射不要論を唱えていた無責任な輩(マスコミ含む)ほど、手のひらを返したように飼い犬の殺処分を唱えるかもしれません。


  狂犬病は新型インフルエンザや重症急性呼吸器症候群(SARS)なんかと違って、発症すると死亡率100%なのを御存知でしょうか?

 狂犬病ウイルスを保有した動物にかまれた場合、発症する前に治療をすればほとんどのケースで助かりますが、万が一発症してしまうと、残念ながら死を待つばかりです。
 
 数年前フィリピンから帰国した男性が立て続けに2名、狂犬病を発症して亡くなっています。この方たちは現地で犬にかまれたものの、発症前に病院で狂犬病の治療をされていなかったため、残念な結果となってしまいました。

 私はけっして皆様を恐怖に陥れるために大げさな話をするわけではありません。

 あまりにも狂犬病に対する知識や情報が偏っているので、一開業獣医師として、ひとりでも多くの方が正しい狂犬病の知識を持っていたくためのきっかけになってくれたらと思い、この話題を掲げました。

話が長くなってしまうので続きは次回にさせてもらいます。 

ちなみに、今回の情報源は
高山 直秀著 ヒトの狂犬病 忘れられた死の病 時空出版 

から引用させてもらっています。

 

Posted at 09時47分

2010年03月06日(土)

誤食に注意 [病気に関するお話]

ここ1週間で立て続けに2件、誤食によって消化管閉塞をおこしたワンちゃんの手術をしました。

消化管内異物による手術はそんなにしょっちゅうあるわけではありませんが、毎年必ず何件か入ります。

1件目は石を食べていました。レントゲンを撮ったところ小腸の中に石が残っており、閉塞像(ガス貯留による小腸の拡張)も認められていたため、飼い主さんの希望もあり、その日のうちに開腹手術をして取りだしました。

2件目は1リットルの牛乳の紙パックをかじりながら飲み込んでおり、開腹したところ胃の中がちぎれた3.6%農協牛乳のパックでパンパンでした。

 レントゲン撮影によって確実に異物が確定できるのは、石や金属と骨だけです。意外に思われるかもしれませんが、ほとんどの消化管異物は単純レントゲン撮影では診断できません。 したがって異物が詰まっているのを確定するには消化管造影検査を行います。
 
 動物の口からバリウム(人間用です)もしくはヨード系水性造影剤を動物がむせないように気をつけながら無理やり飲ませます。正常であれば時間の経過とともに造影剤は胃から小腸を経て大腸へ流れていきます。時間がたっても胃から造影剤が流れなかったり、小腸の途中で造影剤がストップしてしまった場合、通過障害があることがわかります。「通過障害があるイコール何か詰まっているかも」と考えて開腹手術を行うのです。
 ただ、最近はエコー検査の機械の精度があがり、造影検査をする前にエコー検査で診断がつくことも多くなりました。ただしエコーの弱点は消化管内にガスがたまっているとエコーが見えなくなるので、これも万能ではありません。

 いざ、異物を除去する段階で、内視鏡も有用なツールです。うちの病院でも内視鏡を用いて異物を取りだすことが多くなりました。内視鏡のメリットはお腹を切らなくてよいので動物の侵襲が少とてもなくて済むことです。 しかし、内視鏡で除去可能なものは
1.異物が胃の中にあること。異物が小腸に流れてしまうと取れません
2.異物の数が数個であること 異物が多数の場合は内視鏡では時間がかかりすぎてしまいます。潔く開腹手術をしたほうが早く済み麻酔の時間が短くて済みます。
3.異物が鋭利でないこと・大きくないこと 異物が鋭利だと食道を通る際に大事な臓器(心臓など)を傷つける恐れがあります。また異物が大きすぎると食道に詰まって全く動かなくなり困ってしまう可能性があります。
以上のように内視鏡も万能ではありません。

個々の症例よってどの手技が一番ベストか飼主様と相談しながら決定します。

 動物は本当にいろんなものを食べちゃいます。場合によっては催吐剤を使ってむりやり吐かせる場合もあります。自分の経験のなかでも思い出すだけでいっぱいあります。
開腹および内視鏡で取り出したものは、石、骨付きフランクの骨、焼き豚を包んでいる網、トウモロコシの芯、目薬の容器、備長炭、硬貨、イヤホーンの金属部分(子猫)、ペットーシーツのゲル(水を吸ってパンパンになって腸を塞いでました)、軍手、ストッキング、串カツの串、タンポン、アイスクリームのバー(腸を突き破り腹膜炎を起こしていました)、銀杏を殻ごと大量、梅干しの種、桃の種、シャボン玉のキャップ、ビニールのチューブ、縫い針、自転車のカバー、スーパーボール、ひも状異物などです。
 むりやり吐かせたものは、お父さんの湿布、コンドーム、ビニール袋丸ごと、タバコ、人間用の薬大量摂取など柔らかいものや中毒を起こしそうなものです。

 皆様、動物の誤食には本当にご注意ください。




 

 
 

Posted at 17時50分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

院長ブログ

5

2010


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

家庭内ノラ猫

家庭内ノラ猫

いくら可愛くてもね

いくら可愛くてもね

たこ焼き

たこ焼き

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog

Mizukoshi Animal hospital All Rights Reserved.