みずこし動物病院

homeみずこし動物病院blog | お知らせと院長日記(不定期更新)

2007年09月09日(日)

祭り [院長日記]

今日、診察終了後、子供と瀬戸物祭りへ行きました。
お祭りは、活気があるので大好きです。ビール片手に陶器を物色していました。
小学校、中学校の頃は3千円ほど握り締め、ひたすら金魚すくい、錦鯉の引っ掛け釣り、うなぎの引っ掛け釣りなどに手持ちのお金をつぎ込んでいました。その当時は全く、陶器に興味はありませんでした。

最近は、きれいな作品を見るのが楽しみで、可能な限り瀬戸物祭りへ出かけています。「おっ、これいいな!!」と思うものは、それなりにいい値がついており、ちびっ子が3人、ニャンコが2匹いる我が家では、高価な割れ物はとても手が出ません。
 しかし、昔は全く興味のなかった陶器を見るのが楽しくなったということは、私も少しはオトナになったということでしょうか?

Posted at 20時25分

2007年09月02日(日)

子宮蓄膿症pyometra [病気に関するお話]

子宮蓄膿症をご存知ですか?
犬、猫、ウサギ、ハムスターに発症しますが、今回は犬の話です。
子宮蓄膿症とは子宮が化膿してきて、だんだん調子が悪くなり、放置しておく(飼主さん的には、そのうち良くなると思って様子を見ていた)と死んでしまう病気です。ベストの治療は手術です。
症状は、
1.ずっと生理(発情出血)が続いていたと思ったら元気がなくなってきた。
2.生理が終ってからやたら飲水量が増え、食欲が落ちてきた。
3.生理が終って1〜2ヶ月たつがおなかが膨らんできて、熱っぽい。
4.外陰部に下痢のようなオリモノ(膿)が出て悪臭を放つ。
などです。思い当たることがあればお早めに病院へお連れください。

主なリスクファクターは
1.出産経験の無い5〜6才以上の避妊手術を行っていないワンちゃん(ただし生後1年のワンちゃんの子宮蓄膿症も経験してます。)
2.昔、避妊用のインプラントを用いて、その後何もしていない。
3.望まない交尾をしてしまったため、ホルモン注射で着床阻止(避妊処置)を行った。
などです。

7月8月で合計3頭、子宮蓄膿症の手術をしました。
内訳はG.レトリバー、ダルメシアン、G.レトリバーです。
 どうしてうちの病院は大きい子ばかりなのでしょう? 以前はヨーキー、ポメ、シーズー、シェルテイ、柴など小型中型犬が多かったのですが・・・・・
しかし、思い返してみるとうちの病院は大きいワンちゃんの子宮蓄膿症を結構やってます。
大きいワンちゃんの子宮蓄膿症は手術が大変です・・・・・

Posted at 00時17分

2007年09月01日(土)

あ〜あ、今日もまた〜 [院長日記]

 今日もまた、走りにいけませんでした。
最近、診察終了後の夜の手術が多いです。先週の土曜の夜は、G.レトリバーの子宮蓄膿症の手術を、今日はヨーキーの骨折の手術してました。
 10:30ごろに手術が終わり、11:30ごろに麻酔が覚めたので、夕食を食べ、風呂に入り、ワンちゃんの様子を見ながらこれを書いてます。
夜の手術があるとどうしても夕食が遅くなり、運動する時間も無いのでやっぱり体重が増えてきます。メタボリックシンドロームになる前に対策を取っていかなくてはなりません。
 20代の頃は暴飲暴食をしても体型が変わることが無かったのですが、知らぬ間(?)に30代後半となった今は、油断するとすぐ腹が出てきます。腹が出てくると娘が露骨にいやな顔をするようになりました。ちなみにうちの娘はまだ5歳なのですが、新庄とダルビッシュがタイプのマセガキです。ちなみに森本 稀哲(ひちょり、日ハム)は好みじゃないそうです。

娘に嫌われないように明日からジョギング再開します。

Posted at 00時13分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

院長ブログ

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

夏休み到来

夏休み到来

優勝へまっしぐら

優勝へまっしぐら

番人

番人

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0
powered by a-blog

Mizukoshi Animal hospital All Rights Reserved.